イメージ画像

大学病院で働くことの魅力

大学病院で働くことを考えているけれど、自分に合っているのか分からないという人もいるでしょう。 そういった人は、大学病院で働くことの魅力について知ってみてはどうでしょうか。 そこから、今の職場と大学病院のどちらに魅力があるのかを検討してみるといいですね。

まず、スキルアップを目指している人にとって大学病院はとても魅力的な職場だと言えるでしょう。 というのも、大学病院は特定機能病院として運営されているところが多いです。 そのため、接することができる症例が非常に多く、たくさんの経験を積むことができます。

一般的な病院では受け入れが難しいような難病疾患を受け入れることもあるわけなので、一般病院では学べないようなことを学びたいと思っている看護師にも大学病院がおすすめです。

長年病院で働いているものの、今の職場ではもう学べることがほとんどなくなってしまったというベテラン看護師でも、大学病院ならば様々なことを学ぶことができるでしょう。

それから、しっかり教育をしてもらうことができるというのも大学病院で働くことの魅力です。 一般病院の中には人手が足りないためになかなか研修に人を割くことができない場合もありますよね。 仕事をしながら学ぶというスタンスを取っているところもあるようです。

ですが、大学病院は教育やフォローの体勢がしっかり整っています。これは新卒者だけでなく中途採用者もしっかりフォローしてもらうことができるので、安心して働き始めることができますね。

また、福利厚生が充実しているのは非常に大きな魅力だと言えるのではないでしょうか。仕事内容に満足していたとしても、手当が少なく、給料などに不満を感じてしまう人はたくさんいます。

大学病院ではたくさんの看護師や医師が働いているということもあり、一般的な病院と比べると福利厚生が充実しているケースが多いのです。安心して働くことができる職場として大学病院を選択している人もたくさんいるので、働きやすさを求める人にも向いている職場です。

このページの先頭へ