イメージ画像

外科での看護師の仕事

外科の看護師として働く場合、手術をする医師のサポートと、手術を受ける患者さんのサポートの両方の仕事を担当していくことになります。

ひとくちに外科で行われる手術といっても、様々なものがありますよね。消化器官だけでもかなりの種類があるわけなので、幅広い知識を持っている看護師が求められる職場だと言えるでしょう。

手術の範囲や難易度によっても、術後の患者さんの負担は大きく異なってきます。何日かはICUに入らなければならないような大規模な手術を行う患者さんもいるわけなので、看護師のサポートはとても大きな役割を持っていると言えますね。

外科の看護師として働く場合、とても忙しいということを理解しておかなければなりません。いくつか理由がありますが、まず、一日対応しなければならない手術の数が多くなる日は、想像しただけでもかなり忙しいですよね。

また、手術を受けなければならない患者さんや、手術を受けたあとの患者さんの中には、痛みや不調を訴えたり、自分では思うように体を動かせない患者さんもいます。当然、ナースコールの数も多くなるわけなので、頻繁に患者さんに呼ばれることがあります。

中には、自分では体調の変化に気付けない患者さんもいるので、一人一人をよく観察していち早く体調の変化に気付く能力も求められます。緊急性のある対応を求められる場合もあるわけなので、行動力と責任能力のある看護師に向いている職場だと言えるでしょう。

それから、外科の看護師として働く場合、身体的なサポートだけでなく精神的なサポートも重要な仕事です。手術前の患者さんは、非常に大きな不安を抱えているからです。それは患者さんの家族も同じなので、患者さんだけでなくその家族に対してもしっかり精神的にサポートしてあげる必要があります。

そこで必要になるのがコミュニケーション能力です。手術や容体について患者さんや家族から質問されることも多いので、コミュニケーションをとって患者さんを安心させてあげられる人でなければなりません。

このページの先頭へ