イメージ画像

看護師の離職率はどれくらい?

看護師といえば、非常に転職回数が多い仕事としても知られていますよね。その大きな理由として挙げられるのが、看護師不足の問題で例え今の職場を辞めたとしてもすぐに次の仕事が見つかるという点が挙げられます。

ですが、どうせ働くのならば長く働ける職場を選びたいと思っている人が多いのではないでしょうか。 そこで、離職率の問題について考えてみましょう。

離職率が高い職場ということは、入社してから数か月以内に辞めてしまった人が多い職場ということになるので、どうしても働きにくい環境の職場だと言えるでしょう。逆に、離職率が低い職場は、働く看護師にとって働きやすい職場だと考えることができます。

確かに看護師の求人数は多いですが、何度も転職を繰り返してしまうと面接の際に不利になってしまうことがあるので、転職回数はできるだけ抑えたいですね。どういった職場で離職率が高いのかというと、特に高いと言われているのが長期療養を行っている病院です。

つまり、入院患者さんがいる病院ということになります。入院患者がいるということは、看護師は24時間体制で患者さんのサポートする必要があるということです。

必然的に夜勤が発生するわけなので、なかなか職場の環境になじむことができなかったり、労働時間が体に合わないといった理由から職場を離れてしまう人が多いようです。

次に、精神医療を行っている病院も離職率が高いです。精神医療は専門的な仕事となるため、実際に働いてみないとわからないことがたくさんありますよね。そのため、勤務を始める前は自分でもできると思っていたものが、実際に働いてみたら合わなかったということもあるかもしれません。

リハビリテーション専門病院などは離職率が低い職場として知られているので、あまり転職回数を増やしたくないと思っている人はこういった職場から検討してみるのもいいかもしれません。

多くの看護師の退職理由は、職場環境に不満を感じたことにあるようなので、福利厚生や各種手当についても確認しておくことをおすすめします。

このページの先頭へ